<< 2018.9 >>
[イベント]
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

第13回 昆虫病理研究会シンポジウム

ソース>→click here

主催:昆虫病理研究会
日時:平成30年9月20日(木)〜22日(土)
場所:富士Calm
  1. シンポジウムⅡ 〜微生物防除の最前線
    • 「昆虫病原性糸状菌の研究のまとめ」
      • 増田 俊雄(旧宮城農園研)
    • 「昆虫寄生菌による感染症ベクターの行動制御」
      • 相内 大吾(帯畜大)
  2. 一般講演(3題)
    • シンポジウムⅢ 〜昆虫ウイルス研究の最前線
    • 「ポリントウイルス」
      • 高務 淳(森林総研)
    • 「宿主体内におけるバキュロウイルスの感染拡大機構」
      • 國生 龍平(金沢大理工)
    • 「カイコ濃核病ウイルス抵抗性/感受性遺伝子産物からウイルス感染機構を考察する」
      • 伊藤 克彦(農工大農)
  3. シンポジウムⅣ 〜病原体による昆虫の性・生殖操作の最前線
    • 「ボルバキアがアワノメイガのオス殺しを実行する仕組み」
      • ○勝間 進(東大農)
    • 「ボルバキアによる宿主操作の分子基盤」
      • ○大手 学・嘉糠洋陸(慈恵医大)
    • 「チャハマキにおける共生微生物による性操作」
      • ○井上 真紀 (農工大農)
    • 「チャハマキで後期オス殺しを誘導するOsugoroshi virusに関する研究」
      • ○藤田 龍介(1北大農)
    • 「ショウジョウバエで見つかったウイルスが原因と思われるオス
      • ○陰山 大輔(1農研機構)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-14 (火) 09:55:18