談話室/ナスのソルゴ巻より

なすの害虫についての評価

大阪梅澤 (2006-03-29 (水) 16:50:34)

話題提供です。
 私が水なす囲い込み栽培の指導をしていて、害虫について普段思っていること(迷惑度や対策)を書き込みます。
アザミウマ類
 第1公敵というべき害虫です。木なす(水なす以外のなすびを泉州地域でこうよびます)でも重大な害虫ですが、水なすは肌が柔らかい上、漬物需要が大きいので、一層被害が目立ちます。ただ、捕食者にとっては美味しいエサらしく、ハナカメ君の姿が散見されるようになると、あまり増えないように思います。
オオタバコガ
 1頭当たりの被害額なら最大の害虫です。次々にトンネルを掘ってくれるので「せめて1個まるごと食べてくれ」という感じ。果実に潜り込む前にどうにかしないと、面倒なことになります。露地のBT、ハウスの黄色灯は結構有力です。
アブラムシ類
 生育初期には重大な害虫です。直接の食害もありますが、ウイルス病を媒介する恐れの方が怖い。囲い込みや天敵利用(アブラバチ)で特に高い防除効果が得られます。定植時の粒剤+天敵だけで防除できそうです。
ハダニ類
 ほとんど農薬のせいで増えているように思います。思い切って合ピ系を減らすとそれだけでも減るようです。大雨が降ると大抵のダニ剤より効果があります。
 ハモグリバエ(えかきむし)類
 オオタバコガとは逆にお行儀の大変よい害虫です。葉しか食べないし、1葉に10匹くらいついても枯れないし。特に防除しなくてもいいじゃないかと思います。実害より、周辺の目を気にして防除しているように思います。
テントウムシダマシ(ニジュウヤホシテントウ)
 農薬を減らした結果増えてしまった害虫。普通は葉だけの食害なんですが、H17は多発して、果実までかじられました。かじった後は美しい幾何学模様なんですが、商品価値はなくなります。幼虫が増え始めた時期に防除するしかないようです。

 長々と書いてしまいましたが、みなさまはいかがでしょうか。



  1. 派生ページ S -- 2006-04-06 (木) 12:41:02
    「談話室/ナスのソルゴ巻」の「なすの害虫についての評価」のレスが伸びてきたので、派生ページを作成しました(手動でコピーして)。いかがでしょうか。
  2. うどんこ病について 大阪梅沢 -- 2006-04-20 (木) 09:53:46
    囲い込み&天敵利用で意外と問題になってきているのが、うどんこ病です。
    慣行栽培ではアザミウマをはじめとする害虫防除を主眼において防除を行い、ついでに殺菌剤も混用しているという例が多く、結果的には病害防除もできていました。
     囲い込みで、アザミウマやアブラムシが大幅に減ったせいで薬剤の散布間隔が長くなったので、病気に対する防除がおろそかになり、シーズン末になるとうどんこが多発する傾向があります。
     対策としては、殺菌効果が維持できるように、定期的に殺菌剤を散布し、必要に応じて、殺虫剤を散布するということになるのかもしれません。
  3. ウドンコ病 キュウリ屋 -- 2006-04-20 (木) 12:50:10
    条件が全く違うので参考にならないかもしれませんが、我が家のハウスでは米ぬかを通路に散布後ボトキラーの葉面散布を月2回程度やることで、ウドンコは全く発生していません。特に2月より曇雨天や強風(乾燥)が続き、他のハウスではウドンコが多発していたのに大丈夫でした。今回の露地キュウリでも同様のことをやってみるつもりですが、果たして露地でもうまくいくかどうか!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-19 (月) 14:44:42