パナマ短信-1(25-05-2003)木村裕

IPM-ML>パナマ短信—1 より引用

パナマ短信の送付にあたって

 4月1日からJICAのシニア海外ボランティアとして、中米のパナマへ赴任しました。任地はパナマシティから480Km離れたコスタリカ近くのパナマ第3の都市、人口10万人余りのDavid市です。そこで、組合庁に所属し、カウンターパート(現地スタッフ)を通じて各農協で農作物の病害虫の防除指導をするのが仕事です。
 このパナマ短信で、現地での生活や仕事を通じて見たこと、聞いたこと、体験したことなど、偏った見方かもしれませんが思いつくままに綴りました。皆様方にパナマの国を少しでも理解していただければ幸いです。

パナマ到着

 4月2日、パナマのJICAスタッフの出迎えを受けて、入国審査、税関検査もスムーズに終わり、これからしばらく滞在するホテルでのチェックインも手際よく完了。シニア海外ボランティア(今後は簡単にSVと言う)10名、その随伴家族3名の大所帯をスムーズに迎え入れた現地事務所のお手並みはさすがと感心しました。それに引き替え、我々の旅行を手配した優秀な?旅行会社(Kライントラベル)の手配はお粗末きわまりないもので、アメリカ(ヒューストン1泊)での乗り継ぎではトラブル続出でした。

パナマシティでの生活拠点(4月2〜23日)

 到着後しばらくは現地に慣れるため、オリエンテーションと語学研修(スペイン語)が行われました。滞在したホテルはアパートホテルで、居間、寝室、トイレ兼風呂兼洗面室、台所があり、各部屋は広く、かなりゆったりしたもので快適そのものでした。我が家よりも広いかも? 東京にあるウイークリーマンションとは比べものにならないほど広く、設備も優れていました。利用料金面ではあまり差はないのですが。
 寝室にはダブルベッド2つと鏡台、居間にはソファー2つとテーブル、脚の高いテーブルと椅子6脚、電話台、台所にはガスコンロ、冷蔵庫、電子レンジ、流し、コーヒーメーカ、ジューサー、洗濯機、乾燥機、食器・鍋一式
 市の中心街にあり、朝食付きで、掃除も毎日してくれ、安全面でもよいので、ここを住処として活動するSVもいます。

パナマシティ

 新市街では、数十階のビルがたくさんそびえ立っていて、遠目にはニューヨークにある摩天楼の小型判のようで、発展途上国とはとても思えない様相です。これらは主としてオフイスビル、ホテル、マンションで外観や入り口は立派なものです。しかし、一歩街路に出てみると、道路舗装はまあまあですが、歩道はがたがたで、舗装されていないところも多いようです。雨が降るとどうなるのでしょうか? 話しによると道路が水びたしになるとのことです。
 一方、旧市街はスペイン人が移住した当時の建物が狭い道の両側に並んでいます。外観をみているとそれなりに趣がありますが、じっくり観察すると、屋根は抜け落ち、ドアはぼろぼろ、貧しい人たちの住宅街(スラム街)になっています。昼間でも治安が悪いので近寄らないようにと注意を受けています。
 私たちが仮住まいしていた中心街では、服装関係のきれいな店がいっぱい並んでいます。また、レストラン、文房具、電気器具、インターネット関係の店もあります。一方、歩道上で台を置いて、携帯電話、電話ケース、装飾品、モラ手芸を並べている青空の店もあります。
 また、新市街の外れには大きなショッピングセンターもあり、その周りにはレストランや各種商店、スーパーも並んでっで賑やかです。その上にセントロ(中心街)では日曜日にはすべて店が閉まりますが、ここでは営業しています。

ヒューストンでのトラブル??

1.到着時のトラブル
・入国審査に長蛇の列:ロスアンジェルスで2時間かかった経験がありますが、今回もそれに劣らず時間がかかりました。タイミングの問題だと思いますが、とにかくアメリカ入国には時間がかかります。
・荷物のスルーの連絡不足:人間は入国するが荷物はそのままパナマへ積み替えて行く手はずになっていたが、その連絡が日本のツアー業者から届いていなくて一悶着。また、日本のツアー業者からアメリカ入国には正直に申請するように言われ、例えば食料を持っていれば申告するようにと。その申告のために全員植物検疫のコーナーに回され、空港預けの荷物を開けさせられる羽目になってしまった。馬鹿正直の見本!! 業者のアドバイスは最悪。 お陰で猛烈に時間がかかってしまった。

2.出国時のトラブル
・セキュリティチェックを受けに大きな荷物を抱えた日本人集団がやってきたのを見つけた場内整理員が親切にも最もチェックが厳しい場所に案内してくれ、ひと騒動。飛行機の安全を守るためには仕方がないが、全員とんでもない経験を受けることになった。全員が人と物との金属探知検査を受けた後、
 パソコンのみを取り出して再度レントゲン検査
 靴を脱がされて、その靴のレントゲン検査
 体全体の検査(手を左右に広げ、全身くまなくボディチェック)
 手荷物をすべて開いて内容検査。
 また、アメリカ入国で1万ドル以上持っていることを正直に申請したSVは出国時の手続きにあちらこちらへ行かされ、たいへんな手間をくってしまった。これも旅行業者のアドバイスが裏目に出てしまった。

 いろいろ騒動がありましたが、全員無事にパナマへ着き、非常に元気で、現地への順化も進み、5月に入るとつぎつぎにホテルを引き払って2年間過ごす住処へ移っています。私も数日前に新しい住処へ移りました。

(文:木村裕)

コメント

    お名前: 題名:

Tag: user >木村裕



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS