ナガメ

和名(分類):
ナガメ(カメムシ科
学名(英名):
Eurydema rugosa Motschulsky (cabbage bug)
寄主植物:
ダイコン、カブ、ナタネ、キャベツなどのアブラナ科野菜を吸汁加害する。その他、ナズナ、イヌガラシ、タネツケバナ、タガラシなどのアブラナ科雑草にも多い。
形態・生態:
成虫(上)は体長7〜9mm、黒色の地に橙色〜赤色の模様がある。日本中どこででも比較的よく見られる。成虫で越冬し、年2回発生する。越冬成虫が4月下旬から5月上旬に卵を産み、6月下旬〜7月上旬に新成虫となる。  よく似た種類として、ヒメナガメEurydema dominulus (Scopoli)、E. pulchrum Westwoodと書かれた文献もある]が見られるが、ヒメナガメ(英名:small cabbage bug)の成虫の方が、模様が複雑なので区別できる。ナガメは北海道など寒い地方で多く見られるが、ヒメナガメは近畿以西とくに九州地方に多い。近畿地方では、両種が混生していることもある。
ナガメ写真1
成虫
(1999年7月5日つくばにて北村實彬撮影)
ナガメ写真2
4齢幼虫
(1999年6月28日つくばにて北村實彬撮影)
ナガメは、カメムシ科に属しています。
ナガメは、次の属性を持っています。 和名 学名 英名
ナガメは、次のカテゴリに属しています。 Web昆虫図鑑

添付ファイル: filenagameL4.jpg 647件 [詳細] filenagameA.jpg 634件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS