トマト灰色かび病


Tag: 病害 トマト

概要

灰色かび病 参照
多犯性の病原糸状菌 Botrytis cinerea によるトマトの病害。

ゴーストスポット

灰色かび病菌の感染により、果実に生じる径1〜2ミリの黄白色円形小斑点。
病徴の写真は、下記「図鑑」を参照。

薬剤耐性菌

全国的に果菜類で、殺菌剤が効かない耐性菌が発生して問題となっている。
対策は、複数系統の薬剤によるローテーション防除や、微生物農薬の使用。

図鑑

参考

  • 微生物農薬>ボトキラー

コメント

    お名前: 題名:

Web病害図鑑>灰色かび病

Web病害図鑑

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS