クロネハイイロハマキ

和名(分類):
クロネハイイロハマキ (ハマキガ科
学名(英名):
Rhopobota naevana (Huebner)
寄主植物:
ツゲ、イヌツゲ、マメツゲ、イボタ、ネズミモチ、リンゴ、ナシ、ズミ、ナナカマドなど
形態・生態:
幼虫は新梢の先端の新葉を数枚糸で乱雑につづって、その中を食害する。葉の片面のみを食害するため、ツゲ類では、被害部分が茶褐色に枯れ、著しく美観を損ねる。つづった葉の中の幼虫は、初め暗褐色であるが、長さ8〜9mmの老熟幼虫は暗黄色になる。4月下旬から10月下旬まで連続的に数回不規則な発生を繰り返し、9月下旬から10月下旬に越冬卵が産まれ、そのまま休眠に入り翌年4月下旬ころ孵化する。
クロネハイイロハマキ写真1
イヌツゲのつづった葉を開いたところ
(1999年8月3日つくばにて北村實彬撮影)
クロネハイイロハマキトリ写真2
食害された跡は茶褐色となり美観を損ねる
クロネハイイロハマキ写真3
成虫
(1999年9月6日つくばにて北村實彬撮影)
クロネハイイロハマキは、ハマキガ科に属しています。
クロネハイイロハマキは、次の属性を持っています。 和名 学名
クロネハイイロハマキは、次のカテゴリに属しています。 Web昆虫図鑑

添付ファイル: filetibihamakiA.jpg 385件 [詳細] filetibihamakiGai.jpg 481件 [詳細] filetibihamakiL.jpg 374件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS