カンキツグリーニング病


Tag: 病害虫 病害 細菌 カンキツ

概要

Citrus Greening Disease, Citrus Huanglongbing, 中国名:黄龍病
病原体:Candidatus Liberibacter spp.

アフリカやアジアで発生している細菌によるカンキツ類の病害
接ぎ木やミカンキジラミによって媒介される。 国内では、沖縄県及び鹿児島県の一部地域で発生が確認されており、 ミカンキジラミや病害に感染した植物の移動規制がなされている。

図鑑

  • ミカンキジラミ 参照

参考

コメント

  1. 日本農業新聞2007/5/10 -- 2007-05-10 (木) 21:20:20
    カンキツグリーニング病 グアバ混植が効果/日本とベトナムの共同研究
    ベトナム南部果樹研究所とJIRCASの共同研究。カンキツの無病苗とグアバを交互に植えることで同病を予防できる可能性があるとのこと。
    お名前: 題名:

Web病害図鑑

英語=Citrus Greening Disease,英語=Citrus Huanglongbing
Web病害図鑑

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS