これらのキーワードがハイライトされています:30

 今年、天敵を利用したハダニ防除がバラで好感触を納めたのでその概要を紹介します。  天敵はチリカブリダニというハダニを食べるダニ(南米チリ原産)です。ハダニとほぼ同程度の大きさで、体色は光沢のある赤、蜘蛛のように長い足をしており、チョロチョロと目に見えて動き回ります。最初はルーペの方が分かり易いですが、慣れれば肉眼でも十分です。  ターゲットは春の「植え替え」「多雨」の時期です。薬散に比べ、圧倒的に省力的であり、水も使いません。  準備は秋から始まります。天敵を殺してしまう農薬があるので、そう言った物を秋の内に使っておきます。長いもので30日ほど影響の残るものが在るので、そう言った物から始め、徐々に短い物へシフトします。 影響の長さは日本バイオロジカルコントロール協議会のホームページ(http://www.biocontrol.jp/)を参考にして下さい。

 ターゲット期間の1月ほど前になったら、発注時期を予定しましょう。現在、チリカブリダニの発注は週2回(火、木)可能です。火曜日に発注すると翌週の火曜日に宅配便で届きます。生ものなので、届き次第速やかに使いましょう。最悪でも届き次第、冷蔵庫に入れて翌日には使って下さい。 届くまでに1週間ほどかかりますので、ハダニ発生のごく初期に発注します。この予想が困難ですが、現在ではハダニだけ殺して、カブリダニを殺さないダニ剤があります。予想が外れてハダニが増えすぎた場合は、この種の剤でとりあえず凌ぎます。この種の剤が開発されたことが、天敵普及の最大の要因です。同様に他の病害虫(うどんこ病、コナジラミ等)もカブリダニに影響のない剤を使います。上手く安定状態になれば、当分の間はハダニ防除が不要になります。  春に使う場合は、他の病害虫も含め、気温の上昇とともに天敵だけでは押さえきれなくなります。見極めをつけて、今まで控えていたカブリダニごと殺す剤を投入します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS