これらのキーワードがハイライトされています:30

灰色かび病(はいいろかびびょう)


Tag: 病害 トマト イチゴ キュウリ ブドウ 果樹 花き

概要

灰色かび病 Gray mold
多犯性の病原糸状菌 Botrytis cinerea による植物病害。
生産現場では、ボトリチスまたは略して「ボト」とも呼ばれる。

図鑑

参考

生物的防除

  • 微生物農薬>ボトキラー 参照

その他

  • Wikipedia:貴腐
    貴腐ワインは、灰色かび病に感染したブドウ果実からつくられる。

コメント

  1. 日本農業新聞2009/2/17 -- 2009-02-18 (水) 12:10:12
    過熱水蒸気利用のハウス加温機 省エネ、かび抑制/長野のメーカー
    紙面によると灰色かび病が抑制されたそうだが、実際の効果は不明。
    長野県飯山市の花農家さんのブログに、この機器の紹介がありました。
  2. 日本農業新聞2009/11/15 -- 2009-11-17 (火) 17:51:32
    感染すると“におう”トマト 信号物質多く発散/オランダの大学研究 早期防除へ有力
    トマトがボトリチス菌(灰色かび病)に感染すると、多量の芳香族物質を発散することを発見。感染を素早く察知できる可能性があるとのことで、今後の研究に期待したいです。
  3. >2の元記事 -- 2009-11-18 (水) 12:58:32
    Changing smell of plants announces fungus attack(英語)
    オランダ・ワーゲニンゲン大学が2009/10/19に発表した記事です。
    2にある「信号物質」とは、サリチル酸メチルなんですね。
    お名前: 題名:
読み=はいいろかびびょう,英語=Gray mold
Web病害図鑑

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS