これらのキーワードがハイライトされています:30

ミカンコミバエ


Tag: 害虫 外来 果樹 野菜 カンキツ

概要

和名(分類):
ミカンコミバエ (ミバエ科
学名(英名):
Bactrocera dorsalis Hendel (oriental fruit fly)
加害植物:
柑橘類のほか300種類以上の熱帯性の果実
形態・生態:
本種と類似種のB. carambolae, B. papayae, B. philippinensis等を総称して
「ミカンコミバエ種群」とよばれる。
2015年、奄美大島でミカンコミバエの侵入が確認されたため「緊急防除」が実施された。
その結果、本虫の根絶が確認され、2016年7月14日に緊急防除が解除された。

図鑑

根絶事業

雄除去法

南西諸島では、「誘殺テックス板による雄除去法」による根絶事業が実施された。
オス成虫を誘引するメチルオイゲノール(メチルユージノール)と殺虫剤を染みこませた
テックス板を野外にばらまき、オスを大量誘殺してメスとの交尾の機会を減らす方法。

不妊虫放飼法

小笠原諸島の場合は、雄除去法の試みが成功に至らず、不妊虫放飼法が併用された。
それにより、1985年に根絶に至った。

参考

コメント

    お名前: 題名:

Web昆虫図鑑/ハエ目

分類->ミバエ科
和名=ミカンコミバエ,学名=Bactrocera dorsalis Hendel,英名=oriental fruit fly
Web昆虫図鑑

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS