これらのキーワードがハイライトされています:30

バンカー法


Tag: IPM 天敵 土着 生物農薬

概要

作物の害虫防除を目的として、その作物とは異なる種の植物(バンカー)を植えて害虫の天敵を増殖または温存する技術。バンカーで天敵の餌となる虫が増殖することで天敵が住み着く。バンカーに付く虫が作物を加害しない種である必要がある。

バンカー植物

  • ソルゴー →ソルゴー障壁栽培
  • トウモロコシ(デントコーン)
  • ムギ類 →アフィバンク(市販品)
  • クローバー類
  • ベッチ類(カラスノエンドウ等)
  • チトニア(メキシコヒマワリ)
  • IPM-ML>岡山農試の永井氏による解説
    ※ヒメハナカメムシが増えやすい景観植物として、スカエボラ、バーベナ・タピアン等の利用と注意点について
  • 生物の多様性を維持する果樹・茶の管理技術 果樹研究所
    ※土着天敵の温存植物として、果樹では、シロクローバー、アップルミント、イワダレソウ、ヒメイワダレソウ、ナギナタガヤ、バミューダグラス、ヒャクニチソウ、
    茶では、アップルミント、チトニア、ヒソップ を紹介。

参考情報

ソルゴー障壁栽培

  • 天敵利用マニュアル/ナス/ナスのソルゴ巻
  • 談話室/ナスのソルゴ巻 ※ご意見、ご質問等はこちらで

コレマンアブラバチ利用

  • Web昆虫図鑑>コレマンアブラバチ

コメント

コメントは、談話室/IPM/バンカー法 に移動しました。(2008-12-16)

  1. 更新 -- 2006-03-13 (月) 10:39:03
    近中四農研の研究成果をまとめました。

天敵用語集


添付ファイル: file06.5.14.roji.sorugo.jpg 976件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS