これらのキーワードがハイライトされています:30

チャドクガ


Tag: 害虫 衛生 チャ 樹木

概要

和名(分類):
チャドクガ (ドクガ科
学名(英名):
Euproctis pseudoconspersa Strand (tea tussock moth)
寄主植物:
チャ、ツバキ、サザンカなどの葉
形態・生態:
幼虫は卵から孵化したときから集団で生活し、1枚の葉に並んで食害する。成虫、幼虫、まゆ、卵塊、脱皮殻などに触れると激しいかゆみを感じるので注意が必要。本州以南に分布し、年2回発生し、卵で越冬する。4月中旬に第1回目の幼虫が孵化し、7月に成虫(蛾)になる。第2回目の幼虫は8〜9月に現れ、10 月に2回目の成虫が現れる。
対策:
若齢幼虫を見つけ次第捕殺する。発生の多い時は、スミチオン乳剤か水和剤・DDVP乳剤などの有機リン剤の1000倍液を散布する。

写真

チャドクガ写真1
チャドクガの幼虫
(1999年5月24日つくばにて北村實彬撮影)
チャドクガ写真2
チャドクガの成虫
(1999年7月5日つくばにて北村實彬撮影)

図鑑

参考

コメント

  1. 全国的に多発しているらしい tea-farm -- 2008-07-04 (金) 21:55:05
    全国的に多発している様で、特に子供の被害が問題になりつつある。

    農業害虫としてより衛生害虫として取り扱われる事が多い様で、生態等についても明確に書かれている文献等に出会えません。
    御存知の方はこのページを編集されるなり、コメントに追加されるなりの情報提供をお願いします。

    当地では、現在、成虫を見かける状態で脱皮殻は植木のツバキでよく見られます。生け垣にしてあるツバキなどでは、食害が判りにくく放置されている場合も多いようです。
    ウチの家内は、直接脱皮殻に触れて、病院行きとなってしまいました。
  2. >1 Sekizuka -- 2008-07-06 (日) 16:34:08
    こいつらには(少なくとも今のところ)殺虫剤が良く効くので、普通の畑ではあんまり問題にならないんですよね。

    とりあえず、こんなの発見。
    チャドクガの交尾行動時間と性フェロモン(概日リズム)

    、、、え?もしかして黄色蛍光灯が効くとか?
  3. >2の続き Sekizuka -- 2008-07-06 (日) 16:45:39
    ドクガ Euproctis flava とその病害に関する研究
    第 1 編 外部形態学的研究
    第 2 編生態学的研究
    第 3 編疫学的研究

    第2の引用文献にそれっぽいモノが多そう。

    ↓こんなのも発見。
    チャドクガ野外個体群の死亡率と死亡原因(昭和37年度日本農学会大会分科会)

    とりあえず、飽きたぁ〜
  4. 書き忘れ Sekizuka -- 2008-07-06 (日) 16:47:12
    チヤドクガに関する二三の観察
  5. 本日のトリビア Sekizuka -- 2008-07-06 (日) 16:57:32
    3の「第2編」の引用文献を見て「螫す(さす)」と言う言葉を初めて知った。
  6. Thanksです tea-arm -- 2008-07-07 (月) 22:40:16
    こんなの出てこなかったんだけどなぁ・・・。いろいろありがとうございます。

    >2 確かに物理剤以外は大抵効きます。BT剤も効果がある様だが・・高過ぎ。
      庭木などの場合、そもそも防除されない、仕方も知らないと人が多い上、
      発生自体に気付いてない。
      物理剤(マシン油乳剤、デンプン液剤)は、幼虫の毛に邪魔されて、体表面
      まで液が到達しないので、展着剤や洗剤の方が効果が高いかも知れない。
      ちなみに、幼虫/成虫とも非常に良く燃えます(毛が、ですが)。
      特に脱皮殻は直ぐに燃え上がってしまいますので、樹上で焼却する場合は
      ツバキ科植物は生の葉でも燃えますので御注意を。

    >3 これから見ます

    >4 意外と、卵の期間が長いんだなぁ。成虫の毒針毛は頭/胸の毛だと思って
      いたが、尻の毛だったのか。

    今までに知り得た上記以外の情報
    1.黄色灯は恐らく効果がある・・・茶園ではコスト的に無理。(慣行茶園でも黄色灯の効果がない害虫等の同時防除を考えると、農薬防除の方が・・・)
    2.性ホルモン(交尾攪乱剤)が最近同定されたらしい。

    弟宅(川崎市内)でも多発中とのこと。
  7. 発見 Sekizuka -- 2008-07-08 (火) 15:56:00
    別件で検索していたら和田さんってblog持ってたのね。
    しかも、チャドクの話も出てました。
    また生物防除の話
  8. 核多核体ウイルス tea-farm -- 2008-07-08 (火) 21:46:38
    >7 天敵利用研究会でお見かけしただけですが、面白そうなBlogですね。

    和田さんちでも書かれている核多核体ウイルスは、CiNiiでも幾つか見られますね。植木で使うならこれかも知れないですね。
    ウチの茶園の場合は、50a(内有機圃28a:緩衝地帯等も含めると30aになります)ありますので、製剤として出てきても・・・やはり完全防備で捕殺かな。
    厄介なのは脱皮殻と、どうも吐いた糸にも毒針毛が付着している様なので、これも焼却しないといけない事。これらは茶の葉が燃え出す前に燃え尽きますので発見出来るか出来ないか・・・だけ。

    この蛾、一世代のサイクルがかなり長いですね。羽化から成虫まで2ヶ月以上とは。
  9. パナプレート 苺FUJISAWA -- 2008-09-04 (木) 23:28:57
    気化性防殺虫剤「パナプレート」、自分は家庭用つばきに使いたいと思っています。
    効果はどんなものかな?
  10. 庭木の茶とつばき 苺FUJISAWA -- 2008-09-05 (金) 00:22:00
    庭木の茶にはチャドクガが全く発生しないのに、ツバキは丸裸(常緑樹の葉がすべて食われてしまいました)、ツバキで防除できたら何とかなるのでは?
  11. >9,10 tea-farm -- 2008-09-05 (金) 21:17:19
    化学的作用の農薬はどんな物でも大抵効くので、庭木にそこまでするのは勿体ないと思いますよ。ウチでは有機圃場だけでしか発生していませんが、マシン油かBT剤(納め先のルールで使用できませんが)程度しか使えないので捕殺しかないと言う事です。
    庭木の茶と栽培圃場の茶を一緒にしちゃイカンでしょ。施肥量が数千倍違いますよ。有機茶園の直ぐ隣にある、放任の元畦畝茶園(数株が残るだけだが)には全く害虫は居ません。(旱魃で新芽も出てないけど)
    庭木の場合は、チャよりもツバキを好むようです。近くに栽培茶があればそちらが優先のようですが、普通は防除されてしまいます。
    しかし、チャドクガが茶樹の樹冠表面で発生したのは見た事がありません。樹形がどうなのかは判りませんが、自然仕立ての茶園では、裾葉付近から樹冠内の古葉を食害しますので、今の様な時期だと、敢えて探さない限りは見つけにくいと思います。食害初期の症状は、チャハマキに似た感じで、葉裏を食害し、かすり状にします。更に進むと葉が無くなりますし、無くなった葉の近くに、糸が付着し、脱皮殻が見られる様になります。大規模な移動はしない様で、電車ごっこで葉から葉、枝から枝を移動するのみ。
    食害された枝条からの次期新芽の萌芽数が何故か少ない様に思います。頂芽や新芽は今のところ喰われた形跡がありません。
  12. チャドクガとコガネムシ 苺FUJISAWA -- 2008-09-10 (水) 01:45:01
    チャドクガは、1年間で2世代交代する。
    コガネムシ(特にアオドウガネ)は、1年間に1世代しか交代しない。
    でも、害虫として防除が難しい、春から秋まで成虫がいるがと思う。

    チャドクガが問題なのは、幼虫・成虫が人に危害を起こす。
    コガネムシが問題になるのは、幼虫と成虫が植物に危害をもたらす。

    チャドクガは、厚生労働省的。
    コガネムシは、農水省的。
    などと思う。
  13. >12 tea-farm -- 2008-09-10 (水) 20:58:45
    チャドクガが人間に危害を及ぼすのは、成長サイクルの全ステージですのでお間違いなく。卵や繭も毒針毛を付着させていますし、抜け殻にも毒針毛が付いています。成虫は、そんなに長い期間ではなく、実質各世代で1週間程度だと思います。当然ながら、死虫も毒針毛を持ったままですので御注意を。

    コガネムシは、植物によって寄生種が違うので、イチゴではそうなのでしょう。
    大豆などではそこら辺にいるドウガネブイブイ(かなり多犯性だと聞いています)でさえ根を喰う害虫ですし、茶ではナガチャコガネが同様の害虫です。ヒメコガネも茶園で良くトラップされるのでもしかすると、害虫なのかも知れません。(近所に野菜畑が多いせいか?)

    また、虫を所管官庁というか、縦割り的に表現するのは如何な物か?
    害虫は害虫なわけで・・・その理屈で行けば街路樹の害虫は国土交通省的となります。
    現実には、チャドクガやアメシロなどは近年急増していますし、街路樹や植木などでは対策が取りにくい状況です。
  14. >13 苺FUJISAWA -- 2008-09-12 (金) 21:16:27
    チャドクガとアメリカシロヒトリ、アメリカシロヒトリでかぶれる人はそれほど多くないと思う。
    気持ち悪い所は同じと思うが、チャドクガは、やはり、別格であると思う。

    そこで、今夏、幕張で知ったパナブレートは面白い農薬だと思った次第です。つばきで使って個体数が減ったら凄いなあ、と思いました。
  15. 寄生植物 苺FUJISAWA -- 2008-09-12 (金) 21:31:55
    このページの寄生植物で、最初に茶とせず、つばきとした方が良いのでは?
  16. ついでに tea-farm -- 2008-09-12 (金) 21:42:02
    毛の長いチョウ目幼虫という繋がりで
    今日、ウチのイチジクでイチジクヒトリモドキ?と思われる、イチジクの葉を食害する幼虫を発見。既に家内が相当数退治していましたが・・・。
    ホオズキの方は、同じ虫の若齢か別種かは判りませんが、同様に葉裏で集合して食害していたと・・・。(既に残骸のみでした)

    アメシロはかぶれる云々より、糞がねぇ。植木を丸坊主にする上、糞の量も大概ですし。
    チャドクガとイラガ類は困った物です。
    (茶にもアカイラガが寄生するので、作業中に刺される事があります・・・チャドクガに比べれば雲泥の差ですが)
  17. >16 苺FUJISAWA -- 2008-09-13 (土) 01:24:39
    イラガで問題は、柿です。
    自分的には、チャドクガはマイナー。イラガはメジャーと言った感じです。
    チャドクガの発生は、今のところ希です。
  18. これで解決では no belsho -- 2009-09-28 (月) 20:08:16
    私のブログhttp://blog.oh-no-club.jp/で毛虫の問題は解決出来たと思います
    一番の問題は毒毛による人への被害これにも毒毛にシッカリと付着する粉は
    磁石に付く天然の粉毒毛を無害化します 毛虫の本体は2〜3日で堆肥化します この天然成分は人畜に無害で益虫にも害は有りません
  19. 苺FUJISAWA >18 -- 2009-09-28 (月) 22:09:19
    ものすごく怖いように思いました。
    引用された
    >私のブログhttp://blog.oh-no-club.jp/で毛虫の問題は解決出来たと思います

    上記から思ったことは、天然資材がどこから採取したのかと、
    上記のブログから引用します。
    >イラガ君に天然の粉(焼成の岩石)を掛ける
    日本の土壌には、とんでもない土壌がそんざいするのでは?
    その土壌を焼いて得た成分を散布、作物にはバツだと思う。
  20. >19 苺FUJISAWA -- 2009-09-28 (月) 22:26:17
    申し訳ありません。
    名前と題名を書き間違えてしまった。
  21. >18 もう一つ 苺FUJISAWA -- 2009-09-28 (月) 22:47:55
    もう一つ、書きます。
    同じ粉を大量に散布した場合について、
    >磁石に付く天然の粉毒毛を無害化します 毛虫の本体は2〜3日で堆肥化します この天然成分は人畜に無害で益虫にも害は有りません

    同じようにといいますか、通常に堆肥が出来るのでしょうか?
    一般的な土は、堆肥の生成に傷害はないが、なんかありそうに思いました。
  22. 宣伝と見なして削除 関塚 -- 2009-09-29 (火) 08:48:46
    >>18
    「カイガラムシ類」「アブラムシ」のページにあった同様の書き込みは削除しました。
    このページの>>18は、既にレスが付いているのでとりあえず残します。
    お名前: 題名:

ページ末

Web昆虫図鑑/チョウ目/ドクガ科

分類->ドクガ科
和名=チャドクガ,学名=Euproctis pseudoconspersa Strand,英名=tea tussock moth
Web昆虫図鑑

添付ファイル: filechadokugA.jpg 1103件 [詳細] filechadokug.jpg 2650件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS