これらのキーワードがハイライトされています:30

コンフューザー


Tag: IPM 農薬

概要

信越化学工業株式会社による合成性フェロモン製剤(複合交信かく乱剤)のシリーズ。
農業害虫の雌雄の交信かく乱によって交尾を阻害し、次世代の害虫密度を低下させる。

製品

  • 18431 コンフューザーG 芝
  • 19143 コンフューザーA りんご
  • 19911 コンフューザーP もも、なし等のばら科果樹
  • 21010 コンフューザーN 果樹(主になし)
  • 20797 コンフューザーR 果樹(主にりんご)
  • 21341 コンフューザーV 野菜類
  • 21479 コンフューザーMM もも

関連語

 フェロモン、交信かく乱、IPM

参考

コメント

  1. 信越化学工場で爆発事故 -- 2007-03-21 (水) 00:48:05
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000111-yom-soci
  2. 日本農業新聞2007/4/9 -- 2007-04-10 (火) 18:04:37
    梨「幸水」、減農薬で生育十分年4回・12剤削減/埼玉県園芸研【関東】
  3. 日本農業新聞2007/5/31 -- 2007-05-31 (木) 22:13:54
    スモモヒメシンクイ被害 交信かく乱剤有効/山梨県果樹試【甲信越】
    スモモヒメシンクイに対してコンフューザーNの効果が確認されたとのこと。
  4. にょ Sekizuka -- 2009-09-02 (水) 11:17:58
    「V」が花卉類にも登録拡大(8/5)。
    http://www.greenjapan.co.jp/noyak_20090805.htm
    お名前: 題名:

農薬Wiki


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS