これらのキーワードがハイライトされています:マツノマダラカミキリ

<< 2006.6 >>
[イベント]
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

平成18年度農林害虫防除研究会 千葉大会(1日目)

詳細は右記を参照の事。http://agroipm.ac.affrc.go.jp/narc.html

  • シンポジウム「コナジラミ類による被害の拡大と防除対策」
    • 1.タバココナジラミの発生状況と今後の課題(13:15〜13:40)
      • 本多健一郎((独)野菜茶業研究所)
    • 2.コナジラミ類が媒介するウイルス病の種類と特徴及びタバココナジラミバイオタ イプQの簡易同定法(13:40〜14:05)
      • 上田重文((独)九州沖縄農業研究センター)
    • 3.コナジラミ類の薬剤感受性について(14:05〜14:25)
      • 小林政信(全農営農・技術センター)
    • 4.熊本県におけるトマト黄化葉巻病及びタバココナジラミ類の発生と防除対策 行徳裕(熊本県農業研究センター) (14:25〜14:45)
    • 5.高知県におけるトマト黄化葉巻病及びコナジラミ類の発生と防除対策
      • 広瀬拓也(高知県農業技術センター) (14:55〜15:15)
    • 6.静岡県におけるトマト黄化葉巻病及びコナジラミ類の発生状況と防除対策
      • 杉山恵太郎(静岡県農業試験場) (15:15〜15:35)
    • 7.千葉県におけるトマト黄化葉巻病及びコナジラミ類の発生と防除対策
      • 大井田寛(千葉県農業総合研究センター) (15:35〜15:55)
  • 一般講演
    • 1.天敵カルテ7年目の総括と今後(16:40〜16:55)
      • ○田中寛(大阪食みセ)・木浦卓治・菅原幸治(中央農研)・関塚知己(神奈川 西湘県政総セ)・三浦一芸(近中四農研)
    • 2.土着天敵を温存した有機JAS規格に合うナス害虫防除体系の確立=JAS防除 体系と慣行減農薬防除園との比較= (16:55〜17:10)
      • ○根本久(埼玉農総研・園)・瀬山明(瀬山農園)・原沢正美(埼玉農総研)
    • 3.昆虫病原糸状菌を利用したマツノマダラカミキリ成虫駆除法の確立(17:10〜17:25)
      • ○樋口俊男(日東電工㈱)・島津光明(森林総合研究所)
  • 総会
  • 情報交換会
 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS