ゴーストスポットとアザミウマ被害の見分け方

質問者: トマト ymasaカテゴリー: その他質問日: 2010-06-24 (木) 22:39:41

質問の詳細:
初めて投稿します。よろしくお願いします。 トマト果実に中心が褐色の少し盛り上がった点があり、その周りが黄白色のリング状となる症状が多発しました。 ゴーストスポットかアザミウマの被害のようだとのことですが、粘着版にはアザミウマはトラップされていません。 Webで検索すると、ゴーストスポットは「果実に1〜2mmの黄白色円形の中心点のある小斑点を生じる」との記載がありますが、中心が褐色や赤っぽい点というような記載がなく、アザミウマの被害は産卵痕による「白ぶくれ症」が多いが、まれに吸汁痕もあるという話で、正確にはよく分からない状況です。 そこで、トマト果実へのアザミウマによる被害と、ゴーストスポットとの見分け方について、ご教授頂ければと思います。 よろしくお願いします。


コメント:

  1. おそらくゴーストスポット 菅原@NARC -- 2010-06-25 (金) 18:37:31
    「リング状」の症状とのことで、おそらくゴーストスポットでしょう。「トマト灰色かび病」ページの図鑑のリンクをご覧いただいて確認してみてください。なお、病斑の「中心点」部分が腐ってくると褐色になるかと思います。一方、ヒラズハナアザミウマによる白ぶくれ症の場合は、たいてい白い部分に縁取りがなくやや盛り上がっています。例えばこちら

    余談ですが、トマトのゴーストスポットは「農薬がかかった跡ではないか」というクレームになることがあるので、生産者の方は気を遣います。
    お名前: 題名:

質問箱


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS