<< 2018.12 >>
[イベント]
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

シンポジウム 「農業に役立つ気象情報の利用-栽培支援から災害対策まで-」

ソース>→click here

主催:国立研究開発法人防災科学技術研究所(防災科研)、 気象災害軽減コンソーシアム
共催:農研機構、 気象庁、 気象ビジネス推進コンソーシアム (WXBC)
日時:平成30年12月14日 (金曜日) 13時から17時まで
場所:気象庁 講堂 (東京都千代田区大手町1-3-4) 
  1. 講演 (第1部)
    • 農業に役立つ気象情報
      • 萱場亙起 (気象庁 地球環境・海洋部 気候情報課 気候リスク対策官)
    • 気象予測を活用する栽培管理支援
      • 大野宏之 (農研機構 農業環境変動研究センター 気候変動対応研究領域 上席研究員)
    • 農業における気象情報の利活用について
      • 塚本心一郎 (茨城県農業総合センター 首席専門技術指導員)
    • 普及現場における気象情報の活用と農業気象災害への対応
      • 倉澤政則 (群馬県 農政部 技術支援課長)
    • 気温予測値を用いた山梨県におけるモモの開花予想
      • 萩原栄揮 (山梨県果樹試験場 栽培部 主任研究員)
    • 農業データ連携基盤 (WAGRI) について
      • 神成淳司 (慶應義塾大学 環境情報学部 教授、内閣官房 副政府CIO、WAGRI会長)
  2. 講演 (第2部)
    • 生産現場が求める気象情報
      • 吉原将成 (農業法人「大地」代表取締役)
    • 農業保険関係の実施状況
      • 窪山富士男 (農林水産省 経営局 保険課 農業経営収入保険室長)
    • 防災科研の極端気象研究
      • 岩波 越 (防災科研 気象災害軽減イノベーションセンター 副センター長)
    • 地球温暖化が水稲品質に及ぼす影響と適応策
      • 増冨祐司 (茨城大学 農学部 地域総合農学科 准教授)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS