&size(30){核多角体病ウイルス};
------------
#contents
&tag(IPM,生物農薬,天敵,ウイルス);

*概要 [#v7e4ed17]
&property(和名,核多角体病ウイルス);
&property(学名,'''Nucleopolyhedrovirus''');~
&property(英名,Nuclear Polyhedrosis Virus); (NPV)~
バキュロウイルス科の昆虫病原ウイルスの1グループ

-[[Wikipedia:核多角体病ウイルス]]

*製剤 [#df66dc5b]

-''ハスモン天敵''(登録第21924号)~
有効成分:ハスモンヨトウ核多角体病ウイルス(SpltNPV)Fu-1株包埋体
--[[日本化薬 アグロ事業部 製品紹介:http://www.nipponkayaku.co.jp/japan/kagaku/products/61_hasmon/index.html]]
--[[「ハスモン天敵」登録取得について:http://www.nipponkayaku.co.jp/news/2007/20070320121439.html]] 2007/3/20

-''ハスモンキラー''(登録第23056号)~
有効成分:ハスモンヨトウ核多角体病ウイルス(クローンA9株及びクローンC3株)包埋体
--[[微生物農薬「ハスモンキラー」を開発−岐阜県と県内企業が共同開発−:http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei-unei/kocho-koho/event-calendar/sonota/nogyo-gijutsu-center/sin-noyaku.html]]~
岐阜県農業技術センター、揖斐川工業株式会社 2012/4/20

*参考 [#g74a919c]
-[[森林生物情報 マイマイガ核多角体病ウイルス:http://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/seibut/bcg/bcg00150.html]]

-[[天敵ウイルス資材の現状と研究開発動向:http://www.agrofrontier.com/guide/t_108c.htm]]~
 農薬ガイドNo.108/C(2004.6.30) アリスタ

-[[ヨトウガ核多角体病ウイルスの殺虫効果は顆粒病ウイルス由来タンパク質の添加によって向上する:http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/narc/2008/narc08-32.html]] H20研究成果情報 中央農研・総合的害虫管理研究チーム~
※ヨトウガ核多角体病ウイルス東京株(MabrNPV-T)の感染力強化について
-[[種々の核多角体病ウイルスの感染力を大きく増強する昆虫ポックスウイルスのスピンドル:http://www.nias.affrc.go.jp/newsletter/sansikonchu/n41/n41spind.htm]] 蚕糸昆虫研ニュース No.41 (1998.12)

-[[新しい生物農薬の開発:http://www.naro.affrc.go.jp/brain/ibunya/files/16seikasyu.pdf#page=17]](PDF) 生研機構 新事業創出研究開発事業~
 東京農工大学大学院、日本化薬、出光興産
-[[人気呼ぶ「ハスモン天敵」 環境に対する負荷小さく 《日本化薬》:http://www.jacom.or.jp/archive02/document/agrbis/seihin07/shin101n07081705.html]]~
 農業協同組合新聞 2007年8月17日

-[[病原体はいかにして宿主の行動を操るのか:昆虫のウイルスを用いたアプローチ:http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2012/20120410-6.html]]~
 東京大学 農学生命科学研究科 2012/4/10~
※カイコとバキュロウイルスを用いた病原体による宿主の行動制御に関する研究
-[[バキュロウイルス-カイコ発現系を用いた蛋白質の発現:http://www.pssj.jp/archives/Protocol/Expression/vaculo_01/vaculo_01_01.html]]~
 蛋白質科学会アーカイブ (2008)

*コメント [#s00893b0]
+''日本農業新聞2008/1/29''  -- &color(green){&new{2008-01-29 (火) 19:48:54};}; &br; [[[研究最前線]ウイルスを使った害虫防除/露地キャベツ・レタス向け 虫9種に安定効果:http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin5/article.php?storyid=440]] &br;中央農研で研究中のウイルス活用防除技術について。詳しくは紙面参照。
+''日本農業新聞2009/6/20''  -- &color(green){&new{2009-06-22 (月) 12:17:26};}; &br; [[ウイルスでヤガ類防除 2種類合わせ確実/中央農研、微生物資材実用へ:http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin5/article.php?storyid=937]] &br;核多角体病ウイルスに顆粒病ウイルスを加えると、ヤガ類防除の効果が高まるとのこと。
+''日本農業新聞2012/4/20''  -- &color(green){&new{2012-04-20 (金) 18:24:00};}; &br; [[ハスモンヨトウの殺虫効果高い 微生物農薬を登録 岐阜県農技センター:http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=13805]] &br;ハスモンヨトウ核多角体病ウイルスが有効成分とする「ハスモンキラー」。 &br;揖斐川工業との共同開発、適用作物は大豆、エダマメ、イチゴ、シソ、バジル。

#ncomment

農薬Wiki>微生物農薬
&category(天敵用語集);

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS