退緑黄化病 (たいりょくおうかびょう)


Tag: 病害虫 病害 ウイルス メロン キュウリ

概要

メロン、キュウリ退緑黄化病(仮称)(旧称はウリ類黄化症)
病原ウイルス Cucurbit chlorotic yellows virus (CCYV) による病害
2004年以降九州各地でメロンやキュウリ等で発生し、問題になっている。
タバココナジラミ バイオタイプ が媒介することがわかっている。

関連語

 タバココナジラミトマト黄化葉巻ウイルス、キュウリ黄化ウイルス

発生状況

参考

コメント

  1. 日本農業新聞2011/6/9 -- 2011-06-09 (木) 19:08:48
    キュウリの退緑黄化病防除 定植時:粒剤 栽培中:天敵 福岡県農総試が効果実証
    CCYVを媒介するタバココナジラミの防除に、定植時の処理剤と、スワルスキーカブリダニを組み合わせて使用とのこと。
    お名前: 題名:

退緑黄化病は、次の属性を持っています。 読み
退緑黄化病は、次のカテゴリに属しています。 Web病害図鑑

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS