コエビガラスズメ


Tag: 害虫 樹木

概要

和名(分類):
コエビガラスズメスズメガ科
学名(英名):
Sphinx constricta Butler (旧:Sphinx ligustri Linnaeus)
寄主植物:
イヌツゲ、ホザキシモツケ、ユキヤナギ、アオハダ、タニウツギ、ハナイカダ、ドウダンツツジなどで発見されている。
形態・生態:
頭にある太く黒いすじと、胴にある7本の赤紫の斜め模様が特徴的である。年に2回の発生で、幼虫は、7月と9〜10月に見られる。1960年代後半から、東京都区内などで、生垣や庭のイヌツゲ(モチノキ科)で多く見られるようになった。

図鑑

コエビガラスズメ写真1
(1999年7月10日つくばにて北村實彬撮影)

参考

コメント

    お名前: 題名:

Web昆虫図鑑/チョウ目


コエビガラスズメは、スズメガ科に属しています。
コエビガラスズメは、次の属性を持っています。 和名 学名
コエビガラスズメは、次のカテゴリに属しています。 Web昆虫図鑑

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS