デイゴヒメコバチ Quadrastichus erythrinae


Tag: 害虫 外来 樹木

概要

和名(分類):
デイゴヒメコバチヒメコバチ科
2003年に初めてインド洋の2つの島で見つかり、2004年に新種記載
学名(英名):
Quadrastichus erythrinae Kim (Erythrina gall wasp)
寄主植物:
デイゴほか Erythrina 属の木
形態・生態:

 デイゴを加害するヒメコバチ。国内では2005年5月に石垣島での被害が確認が初?
 Quadrastichus属の他種は昆虫類に寄生するが、本種は唯一植物に寄生する。
 被害の内容は、葉に虫こぶ(虫瘤、虫えい、ゴール、gall)を作るようだ。

写真

参考

天敵

ニュース

コメント

  1. 続報 Sekizka -- 2008-05-14 (水) 17:12:16
    デイゴヒメコバチ駆除新薬実習~

    結局、デイゴヒメコバチという和名になったのかな?
    ちなみにアトラックはチアメトキサムでアクタラですな。
  2. 八重山毎日新聞本日付 -- 2011-02-25 (金) 18:46:11
    デイゴに寄生する害虫、ヒメコバチによって…
    石垣島や竹富島で、薬剤注入による防除活動の成果が出始めているとのこと。
  3. 毎日新聞 2015/1/26 -- 2015-01-27 (火) 16:29:16
    沖縄県花デイゴ:危機…薬剤コスト高で 天敵バチで駆除へ
    デイゴを加害するデイゴヒメコバチの新たな駆除対策として、沖縄県は、天敵の「デイゴカタビロコバチ(仮称)」の増殖と環境影響調査を始めるとのこと。
  4. 沖縄タイムス本日付 -- 2017-06-07 (水) 13:10:54
    デイゴ蝕む害虫駆除へ、天敵放つ 沖縄県が本年度から実証実験
    デイゴヒメコバチ防除のため、天敵デイゴカタビロコバチ」をを野外で放飼する実証実験が始まる。外来種の放飼に関して、交雑や寄生の可能性がある14種の昆虫に影響はないとの調査結果が出たとのこと。
    お名前: 題名:

Web昆虫図鑑/ハチ目/ヒメコバチ科

Quadrastichus erythrinaeは、ヒメコバチ科に属しています。
Quadrastichus erythrinaeは、次の属性を持っています。 和名 学名 英名
Quadrastichus erythrinaeは、次のカテゴリに属しています。 Web昆虫図鑑

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS