天敵戦争への誘い

【書名】天敵戦争への誘い(いざない)−小さな作物防衛隊の素顔とは?
【著者】和田哲夫  【刊行】2003年07月30日
【出版】誠文堂新光社,東京 【頁数】135 pp.
【定価】1,400円(税別) 【ISBN】4-416-40311-9
【備考】
http://www.seibundo-net.co.jp/CGI/search/syousai.cgi?mode=id&id=01444&key=syoseki
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4416403119/250-8742653-5541029




参考書としてより読み物としてお薦め!

tea-farm (2006-01-12 (木) 23:39:22)

"農耕と園芸"の連載記事に加筆された書籍だけあって、掴みが上手く誰でも平易に読めるレベルになっています。
単純に読み物として読んでも面白いと思います。
いろんなデータや手法が紹介されていますが、"へ〜そうなの"と、取りあえずは流して読めますし、随分構成に工夫されていますね。
高校以降生物関係の授業さえ取っていなかった私が、一気に読み終えられたのですから、間違いなく誰でも読める本です:タイトルは大仰ですが。
実は、私がソルゴーバリアの実施に至った最終的な後押しはこの本でした。
読み返してみようかな?と思う本です。
追記)折角書いたので、Amazonにも加筆してレビューしてしまいました。




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS