ダニに関する本を3つ上げて、比較してみます。 それぞれの書評はそのうちに頑張ります。(^^;)

  1. ハダニ-おもしろ生態とかしこい防ぎ方-(井上雅央)」
  2. ハダニの生物学-基礎研究から応用へ-(高藤晃雄)」
  3. ダニの生物学(青木淳一)」

 まず、1はタイトルでわかる通り農文教の-おもしろ生態とかしこい防ぎ方-シリーズの一冊です。
著者の井上雅央氏は当時、奈良農試で防除関係で実践的な成果を上げていた方です。現在(2006/6)は高原農業振興センター所長になられていますが、野生鳥獣害の専門家としての方が有名かも知れません。
 同シリーズ全体の傾向として、「ターゲットの基本的生理生態の解説」「それを踏まえた上での具体的防除法の解説」という姿勢があります。
この本も当然、それを踏襲していますが、それ以上に効率的な作業体系を如何に組み立てるか、という発想が根底に強く感じられます。この発想がより強く出ているのが「図解60歳からの防除作業便利帳(井上、谷川、國本)」だと思います。  読者としては元々同シリーズが想定していると思われる農業生産者はもとより、逆に基礎研究から入っている大学等の研究者にも良いかもしれません。

 

 次に2ですが、1とはうって変わり基礎研究的な内容が中心となります。サブタイトルにある通り応用的な内容も含みますが、読んですぐ役に立つハウツー的なものを期待する人には不向きです。逆に、世間一般に出回っているハウツーでは物足りない、自分なりの 防除スタイルを確立したい人には最適です。  タイトルにある通り「ハダニ」についての本ですから、基本的には農業と不可分の領域が扱われています。そこが3との大きな違いです。  なお、専門書としては本来当たり前という気もしますが、この本には参考文献が巻末についています。便利便利。

 

 最後に3ですが、これは1、2と視点が全く異なります。生態系におけるダニ全般とでも言う視点で書かれており、農業と直接関わりがあるのは全22章中の数章に過ぎません。農業の技術書としてはほとんど役に立たないと言って良いでしょう。  逆に生態系について学びたいというなら良い書籍かもしれません。編者の青木氏はササラダニの大家のようですが、各章の著者も新進気鋭の研究者揃いのようです。農業と関係の深いハダニについては2の高藤氏と同じ研究室の矢野氏も書いており、なかなか興味深い内容でした。  え〜、他の分野は流し読みでギブアップしたので割愛させてください。(^^;)

by Sekizuka


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS