ヘリグロテントウノミハムシ


概要

和名(分類):
ヘリグロテントウノミハムシハムシ科 テントウノミハムシ属)
学名(英名):
Argopistes coccinelliformis Csiki
寄主植物:
ヒイラギ、ヒイラギモクセイ、ネズミモチ、キンモクセイ、ギンモクセイなど
形態・生態:
地中で越冬した成虫は、4月中旬に地上に現れ、若葉に卵を埋め込むように産み、上を分泌物で覆う。幼虫は葉の中に潜入し食害する。新成虫は6月下旬から7月初旬に現れ、11月中旬に越冬する。よく似たものに、テントウノミハムシArgopistes biplagiatus Motschulsky)がいるが、こちらは、トネリコ、イボタなどを食害する。

写真

ヘリグロテントウノミハムシ写真1
(1999年6月24日つくばにて北村實彬撮影)
ヘリグロテントウノミハムシ写真2
(1999年6月24日つくばにて北村實彬撮影))

参考

コメント

    お名前: 題名:

Web昆虫図鑑/コウチュウ目

ヘリグロテントウノミハムシは、ハムシ科に属しています。
ヘリグロテントウノミハムシは、次の属性を持っています。 和名 学名
ヘリグロテントウノミハムシは、次のカテゴリに属しています。 Web昆虫図鑑

添付ファイル: filetenthamsiGai.jpg 676件 [詳細] filetentohamusi.jpg 752件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS