ジベレリン


Tag: 農薬 植調剤 ホルモン 生理

概要

gibberellin (gibberellic acid: GA)
植物ホルモンの一種
植物の伸長生長促進、休眠打破・発芽促進、花芽分化・開花促進、単為結実促進などの作用があり、農薬植物成長調整剤)として農業で利用されている。
中でも「種無しブドウ」の生産に利用されることで知られている。

関連語

 植物ホルモンオーキシンアブシジン酸、ばか苗病

製剤

参考

コメント

  1. 日本農業新聞2008/8/15 -- 2008-08-15 (金) 17:56:39
    種なしブドウ 摘粒作業いらず ジベ花房散布で省力/島根県農業技術センター【中国】
    摘粒作業の省力化を目的としたジベレリン花房散布技術について。
    お名前: 題名:

天敵用語集植物ホルモン

ジベレリンは、次の属性を持っています。 英語
ジベレリンは、次のカテゴリに属しています。 天敵用語集 農薬

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS